アンガ―マネジメント

アンガ―マネジメント

怒りを上手にマネジメントしていこう!

近頃怒っていませんか?

怒るのもときにはいいでしょう。

その怒りを良い方向のエネルギーに転化してみませんか。

アンガー・マネジメントとは、1970年代にアメリカで始まった心理教育のことで、

イライラや怒りの感情(アンガー)を上手にコントロール(マネジメント)する手法のことです。

「怒り」の感情はうまくコントロールすることで、前向きなパワーに変えることができます。

そのためのコントロールが「アンガ―マネジメント」です。

6秒ルール

このアンガー・マネジメントには、“6秒ルール”というものが存在します。

そして、この6秒は、怒りのピークの時間なのです。

アンガー・マネジメントでは、

怒りのピークである6秒間は行動を起こさずじっと耐えることが肝心といわれています。

怒ることのメリットは何でしょう?

「すっきりする」「鬱憤が晴れる」といった効果が一番大きいかもしれません。

激しい感情を表に出すことは大きなエネルギーです。

この大きいエネルギーを自分のなかで怒りとは別のものに変換するようにすればいいのです。



芸術も叫びや怒りや喜び、本能的な感情から表現が始まります。

そう、芸術は心の叫びから始まっています。


大いに発展的に感情を出してみましょうか。