ストレッチの必要性とボディ・ムーヴメント

柔軟性とボディ・ムーヴメント


ダンスを続けていて、もう一段ランクアップしたいなーと願うときに、

頭に浮かぶのが“ボディムーヴメント”ですよね。


ここに到達できないうちはまだまだ初心者の範囲だと思ってもいいでしょう。

ダンスのノリやSwing感を出すのにとても重要な元素となります。


大抵の人が「腰をやわらかく」とか「背中をやわらかく」 とか心がけて挑んでいると思われます。

それはそれでOKです。

しかし、だからといって、

やたらめったら腰を振ったり肩を揺らしたりするという考えは違います。

全身の連動が全くなく、腰だけ小手先で振ったり、

肩だけ取って付けたようにやたらに揺らしてもそれはちょっと違います。

それはセンスが無いのでやめましょう。


全身を連動させてください。

様々な部位との連動がないムーヴメントはムーヴメントにあらずです。


細かくいいますと、 脊柱の屈曲・回旋・側屈など身体を三次元に使う意識を持つといいのです。 そして、 股関節の可動域、肩関節の可動域等を使えばいいのです。


さーこの関節の可動域となると、柔軟性が必要になるのです。

そこでストレッチなどが必要なのです。

聞きわけのいい関節にするためにも可動域を広げておく、

身体の準備が必要となるのです。柔軟性が求められます。

それにはストレッチが不可欠というわけですね。