ダンサーが歩くということ

アメブロにも記述しましたが、

大事なお話なのでここにも記述しておきます。


ダンスと歩き方

https://ameblo.jp/girasolginza/entry-12612170084.html


一歩前へ足を踏み出したとき、 お尻、手足、頭が後ろ足に残っているのはダンスの歩き方ではないと言われます。

いわば手足、お尻が置いていかれている状態というのでしょうか。

見た目にもイマイチでキレがなくなってしまいます。



イマイチにならぬようにするには、 踏み出した足の上に、頭も、胴体も、腰も、足も、

全部揃って移動させることが大事です。

とくにダンスの場面での歩き方としては、

お尻や頭を残さず、置いていかずにしっかりと全身を乗せて歩きたいものです。

そのためには

いかに足の裏を使うかがポイントになります。

そして、いかに重心移動をするか。

ダンサーの歩き方としてボディが足にどう乗っているか?

これが大事なんです。

リズムが遅れたり崩れたりする人は

だいたい、足に体幹部、ボディが乗っかっていないのです。

ボディの移動・・・重心移動は何よりも先に取り組みたい課題なのです。