丹田を意識する。

丹田

舞踊は腰がしっかり安定していることが大事!

腰が大事!腰が要。

腰が定まっていないと動作も非常に不安定なものです。

この腰をしっかりと支え、力が入れられるのも丹田の力によるものです。

丹田はダンスのパワーの源だと思ってください。

丹田を味方につけましょう!

この丹田の部位は、おへその下、約4~5cm位に存在しています。

丹田を意識するには、身体の奥にある部位に「気」「エネルギーの源」があるとイメージしてください。

※しっかりとイメージしてみましょう。このイメージが非常に重要です。

ダンスは脚力だけで動くわけではないのです。

例えば、なにか重い荷車を押す時、単に腕押しだけで押す場合よりも、

下腹部、腰に力を込めて押した場合の方が力がパワーアップして

重い物であってもかなりラクに押して運べます。

試してください。全然違いますよ。

丹田の場所を自分で感じて、そこに「気」を集中させて、

ここを中心核として踊ってください。

どうなると思いますか・・・?

踊りのインパクトが違ってきます。

何よりもパワーみなぎる動きが表現しやすくなります。






71回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示