人恋しい日々・・・

6月からの営業再開に向けて着々と準備を進めております。

この長い休業時間で

人の足音がありがたかったこと、

当たり前な日常が実はとても恵まれた環境であっということ、

・・・骨身を突き刺すほど染みております。


そしてスタジオの床が皆さまの足音を恋しがっています。

私どもにはそのスタジオの嘆きが聴こえてくるようです。


まわりの人に感謝をする。

まわりの人を大事にする。

まわりの人を守る。

・・・そういった人としての根本を見直すことによって見えてきた真実。

たくさん学ばせていただきました。

この学びを生かしていきたいです。



舞踊、身体芸術を通してやりたいことが山ほどあります。

芸術は生きるために必要なものであると断定します。

そうでなければ人は崩壊してしまいます。

希望がなくなります。

さて。