努力なしでは成立しません。

ひとつのSTEPの習得。


これは努力なしでは成立しません。

付け焼刃では身につかないのでそれなりの鍛錬が必要。

そこがダンスのハードルその1なのですね。


だからこそ、ひとつひとつのハードルを乗り越えたときに

心の奥からこみあげる達成感を味わえるのですよ。


まず、姿勢ですが、

床に対して右に左にぶれるのはもちろんNG.

床に対して軸をまっすぐに立つということが大事です。


腹筋をひきあげて立ちますが、

そのときに上半身がつっぱったりしないように心掛けましょう。


注意点ですが、

ステップを覚えようとして足もとばかり見てしまうと、エビの様に身体が前にかがみます。

これはダンス以前の問題なので気をつけましょう。

見た目も残念なことになってしまいます。



余裕があれば普段の日常動作も見直せればいいですね。

踊るときだけ姿勢をよくしようとしても、

身体は記憶したままの姿勢で踊ろうとするので

なかなか悪い癖や悪い動作は修正できません。


普段の姿勢やしぐさを見直して、

身体に美しいラインを記憶させましょう!

それだけで上達度合いがまるで違ってきますよ!