寝つきをよくするために<体温のこと>

寝つきをよくするために<体温のこと>


眠る前に体温を上げておくとスヤスヤと眠りにつけます。

人間は日中活動している間は体温が高く、夜、体温が下がると眠くなります。

この体温の差の幅が大きいほど寝つきがよくなり熟睡しやすくなるのです。


日中、パワフルに活動して交感神経が活発になっていますが、

夜になると副交感神経が優位になり、

身体の深部中から熱が放出され、次第に体温も下がっていきます。


この体温の低下がサインとなり、「入眠ホルモン」であるメラトニンが分泌され、

健やかな眠りへと入っていきます。



体温を上げるためには身体を動かすことがまずはベターです。

手足を動かすことによって放熱し、体温が上がります。


手足の体温の上げ方はとても簡単。

少し手足を動かしてヨガやストレッチなど、

軽く身体を動かして体温を上げるといいのですね。

そして、体温の幅をつくりましょう!





0回の閲覧