寝るときは灯を落とそう。

電灯をつけた状態で部屋が明るいまま寝ると、

目を閉じていたとしても脳が光を感知してしまい、

脳が勘違いしてしまいます。


その影響により、“メラトニン”の分泌量が激しく減少し、

眠りが浅くなってしまいます。


明るさに影響されて睡眠の質が低下してしまいます。


豆電球のわずかな明かりでもメラトニンの分泌量に影響を及ぼすのだとか。



このメラトニンを低下させないように、眠るときには暗くしたほうが、

健やかな睡眠がとれそうです。


疲れは次の日に持ち越したくないですものね。


1回の閲覧