座りっぱなしは身体によくありません。

座っている時間が長いと下半身がガチガチになりがちです。


①座る時間が長いと、内ももの筋肉を使う機会がなく、

内ももの筋肉(内転筋)の出番がなくなるので、衰えていきます。

そして硬くなっていきます。


②また、身体を楽に支えようと背中をイスの背に預けると、

骨盤が後ろ側に倒れるので、ももの裏側(ハムストリングス筋群)の筋肉にも出番がなくなり、硬くなっていきます。


③そして、骨盤が後ろに傾くと、当然ながら姿勢も崩れます。

すると、腰椎に過剰な負担がかかってきます。

さらには、座り姿勢が長かったりすると、

股関節を動かすチャンスが少なくなり、股関節がガチガチに硬くなっていきます。



・・・つまり、

お仕事柄、一日のうちで長時間椅子に座っている方は、

内ももやももの裏側の筋肉群を動かす機会が少なくなってしまい、

股関節がガチガチに固まってしまいがちなのです。



股関節がガチガチだと舞踊の表現も固さが出てしまいます。

カタイ石頭のような表現になってしまいます。

そうなってしまうと味もそっけもうま味も愛想もありません。



ときには立って足を動かすという時間をつくりましょう!

そして血の巡りや筋肉の連動を感じましょう!






座りっぱなしは身体によくありません。