悲しい時もできるだけ笑いましょう!

日々、笑顔でいたいものです。



笑っていますか?

悲しい時もできるだけ笑いましょう! <NK細胞の働きを活発にさせる>

NK細胞の働きを活発にさせると、がんやウイルスに強い健康な身体がつくられていきます。 とくに面白いことがなくても、笑顔を心がける。 作り笑顔を続けた後にNK細胞が活性化するという実験結果が出ています。 ”表情はいつも笑顔で”が、免疫力アップに効果的だということですね。 理由はなくても、できるだけ笑うことで、さまざまな効果が期待されます。 そして創造性も豊かになり、芸術的なセンスもアップするのです。 芸術に携わるあなたにはぜひ、笑顔という武器を持っていただきたいです。 笑う健康方法とは・・・基本的には、ただ笑うだけ! 多少無理をしてでも笑いましょう! 「笑う気分じゃないよ」というときでも、多少無理して作り笑いをしてみてください。 そうすることで、脳が「今楽しい気分なんだ」と騙され、そのうち本当に笑えてきます。

そしてセロトニンの分泌が始まり、満たされた気持ちになり頭の思考回路も冴えてくるのです。

笑えてこなくても、作り笑顔さえできれば効果が期待されます。 やけっぱちでOKなのです。 (贅沢を言えばですが)できましたら口を大きく開けて笑いましょう! 「あはは」「うふふ」など、いろいろな笑い方があるとは思いますが、 「あっはっはー」と豪快に大きな口を開けて笑うのがベストです。 どうしても無理なときは、クスクスと笑うだけでも効果が期待できます。



今日も大いに笑いましょう!

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示