手首をほぐそう!

特に手首は固定した状態で手を支えているので、疲労がたまりやすいところです。 披露が蓄積すると、肩こりや腱鞘炎につながります。

また、舞踊を踊る上でも、

手首がカッチコチだと自由な表現につながりません。


ほぐしましょう!


様々なストレッチがありますが、

ただ手首の力を抜いて手を振ったりするだけでも効果的です。

簡単ですよね。



血管と神経が集まっているのが手首です。

手首には、脳から手指への繊細な動きの指令を伝達するために、

血管と神経が集まっているのです。



東洋医学で、手のひらにたくさんツボがあるのも、これが影響していると思われます。

同時に、手首からつながった筋肉が肘、肩、背中へと、体幹部の筋肉の動きに連動しています。


疲れてしまうと手首が硬くなり、動きが鈍ってしまいます。

舞踊の優雅さにも影響します。

パフォーマンス向上のためにも手首のケアは大事なのです。