柔軟性を高めるには

高い柔軟性を養うためには

柔軟性を養いたいなら、やはりストレッチは欠かせません。

まず、柔軟を行うタイミングについてですが、軽く動いて身体(筋肉)が温まっているときや、入浴後に行うのが効果的です。



身体が温まっているときは筋肉がほぐれているので、効果的に伸ばすことができます。

注意点ですが、伸ばす際は勢いをつけずに適度な痛みのところで止めましょう。



なぜかというと、人間の体には基本的に防御反応が組み込まれているからです。

弾みや勢いをつけたり極度に痛みを感じるレベルまで伸ばしてしまうと、身体は反射的に防護反応を起こし固まってしまいます。

これを伸張反射といます。

※伸張反射=筋肉のダメージを防ぐために身体が防御反応を起こしてしまい逆に身体が固まってしまう反応のこと。


また、筋肉は時間が経過すると固まっていくという性質があります。

よって、少しでも時間を見つけて毎日継続することが、柔軟性を養うための近道なのです。






コツコツやっていきましょう♪

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示