照れている場合ではないのです。

身体表現でもっとも大事なことは、「照れ」をなくす!ということです。


照れていたら、何も始まりません。

あなた自身が開花しません。



稽古場では

あなたの今を存分に表現してみてください。


ダンススタジオはただ単にステップのお稽古をする場ではなく、

あなたを解放し、勢いをつけるための稽古場と思って、

あなた自身を開いてください。



照れるなんてもったいない!