猫背は脳にも悪影響なのです。

猫背になると代謝も悪くなり、どんどん太りやすい状況に陥ってしまいます。


また、脳へのダメージも大きく、

猫背になると脳への血流量が30%減少してしまうのです。

これは要注意!


脳は常に多くのエネルギーを血液から取りこんでいますが、 姿勢が悪い状態でいるとこの血液量が減ってしまうのです。

そうすると、脳に必要なエネルギーが不足することになり、 たちまち思考力・集中力・注意力・記憶力など、脳の機能性が低下していきます。


そのうち、脳機能の低下を招いているということにも気がつかなくなってしまいます。

これが怖い。


最近、忘れっぽくなったとか、注意力が散漫になってきたと自覚したら、

それは姿勢の悪さも関連しているかもしれませんよ。





姿勢の正しさを見つめなおしてみませんか。

21回の閲覧