疲れたときは深呼吸!

疲れたときは深く呼吸をしてみましょう!


私たちは、交感神経と副交感神経の二つのバランスをとって、心と身体の健康を保っています。

そんな中、疲れがたまったり、ストレスを抱え続けると、

交感神経の興奮状態が続いて心身のバランスを崩してしまいます。



疲れたなーと思ったとき、ストレスに負けそうなとき、

なんだか気持ちがネガティブな色に染まりそうなとき、

そんなときにはゆーっくり深くお腹から呼吸する深呼吸(腹式呼吸)をするといいのです。


すると、交感神経と副交感神経のバランスが整ってきます。


深呼吸にはとても素晴らしい効能があり、

深く呼吸をしていると、自然に副交感神経にスイッチして、

心が落ち着きリラックスすることができます。


そして、集中力も高められ、身体中に酸素を行き渡らせることもできます。

また、内臓の血液循環もよくし、働きも活発にします。


このように、日々、無意識に呼吸はしていますが、

呼吸を意識するだけでも全然違います。


いい呼吸をして平成時代の締めくくりをしていきましょう。




0回の閲覧