疲れないようにするにはどこに重心を置くか?これが鍵です。

長時間立っていても疲れないようにするには。

立ち仕事などで長時間立っているという方は多いことでしょう。

また、通勤電車などで大事なお仕事の前に通勤で疲れてしまうのもつらいもの。

どうにかできるならどうにかしたいですよね。

疲れにくい姿勢というものがあるのです。

それは・・・どこに重心を置くか?これが鍵です。

疲れにくい姿勢とは?

足裏全体に体重を乗せるようにするといいのです。

すなわち、重心をつま先重心やかかと重心のどちらか片一方で立つのではなく、

足裏全体に重心を乗せるのです。


意識が出来たら土踏まずの上に重心を落とすようにするとよりベターです。

最善策を知っておくと無闇に疲れなくてすむわけですね。


もう一度言います。どこに重心を置くか?これが鍵です。



意識するだけでも疲労感が全然違います。






8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示