短気な人は老けやすい

短気な人は老けやすい・・・ということ


シンガポールで1000人を対象に行われた研究で、

短気な人ほど、体内のDNAがより早く老化することがわかっています。

【短気だとDNAを傷つける!】

研究者たちが注目した老化の鍵は、「テロメア」という物質。

テロメアとは染色体の末端でDNAを損傷から保護する役割を持ちます。


このテロメアは加齢するごとに短くなっていき、

その結果、DNAが傷ついていきます。

そして、老化によるダメージが引き起こされやすくなります。

テロメアがダメージを受ける原因としては加齢だけではなく、

短気でいるとDNAが傷つき、テロメアが短くなるので老化につながるということです。


テロメアを短くしないようにしましょう!



昔から言います。

短気は損気!

短気を起こし、イライラするたびにDNAが傷ついているのです。

ならば損しないためにも忍耐力をつけていきたいですね。