笑いと自律神経の関係

笑いと自律神経の関係

~笑顔でいこう!シリーズその4~


自律神経は交感神経副交感神経の二つの神経作業で成立しています。

交感神経はエネルギーを発散させる作業。

交感神経は「昼の神経」 目覚めているとき、興奮しているときに優位になる神経。



副交感神経はエネルギーを蓄える作業。

副交感神経は「夜の神経」 眠っているときやリラックスしているときに優位になる神経。

笑いは副交感神経に働きかけ、

血圧を下げ、心拍や呼吸を落ち着かせ、心身をリラックスさせてくれます。

また、ストレス解消にも役立ち、疲労感を取り除いてくれます。

さらに、高血圧や心筋梗塞の予防改善にも繋がっているのです。







心身をリラックスさせたいならば、

ストレッチやアロマを焚くなどもいいアイディアですが、

その場で笑うというのもダイレクトに癒されますのでお勧めですね。



0回の閲覧