笑いと鎮静作用の関係 

笑いと鎮静作用の関係 

~笑顔でいこう!シリーズ その6~

鎮静作用効果

笑うと脳内ホルモンであるエンドルフィンが分泌されます。

このホルモンは幸福感をもたらすほか、

“ランナーズハイ”の要因ともいわれ、

モルヒネの数倍の鎮静作用で痛みを軽減します。


痛いときになかなか笑うことはできないものですが、

そこをどうにか笑うような環境に身を置いてみるというのもいい試みかと思います。






笑うことは、痛みまで緩和してくれるのですね。

18回の閲覧