筋膜とは?


筋膜とは?

報道番組や雑誌インターネット等で『筋膜はがし』云々という話題を目にすることがあると思います。


筋膜とは、筋肉と皮膚の間に存在している膜のことです。 この筋膜主に3つの成分でできています。



筋膜の3つの成分

コラーゲン・・・硬く強いという特徴。

エラスチン・・・ゴムのように伸び縮みをする。

基質・・・通常はジェル状。気温や体温などによって液体に変わる。


筋肉が「伸びてる」と感じるのは、この筋膜が緩んで伸びを感じている感覚です。

筋膜はストレッチをすることで緩めることができます。

このとき、筋膜では最初にエラスチンという成分が伸ばされます。

※90秒以内のストレッチはエラスチンが伸ばされます。

90秒以上のストレッチをすると、コラーゲンレベルで伸ばすことができます。

事実上、筋膜を十分に緩めるには、

コラーゲンレベルで伸ばすようにするといいのです。

すなわち、コラーゲンレベルで伸ばすにはストレッチの秒数が約90秒以上必要です。



筋膜はがしといっても、

浅く伸ばしたいとき、深く伸ばしたいとき、

秒数を意識して試みるといいですね。