美しく歩くために。


無意識に顎が動いていたり、頭がキョロキョロしすぎたりすると、

あまり麗しく歩いているとは言い難いです。



歩く姿というのは、案外記憶に残りやすいです。

ステージや壇上の上に上がるとき、


そういうときには意識して、

あまり顎を動かさずに、目線は15メートルほど先の地面を見るようにすると美しく歩けます。