肩甲骨と手の動き

肩甲骨と手の動きはどうですか?


肩が上がってしまっていたり、

肩が固まっている動きをしている人を見かけることがあります。


そうすると腕の動きや指先の動きも固まってしまい、

優雅な動きとはほど遠くなってしまいます。

パフォーマンスの精度が落ちてしまいます。



肩が詰まっているような、カタイ動きをしている人は、

だいたい肩甲骨と肩甲骨の間が狭くなっていることが多いです。


同じ姿勢を長時間続けていたりするとどんどん身体は固くなりますし、

関節の動きもスムーズには動きません。

そして、身体が固くなってしまうと、

たちまち脂肪を貯めこみやすい体質にもなってしまうのですよ。



肩甲骨と肩甲骨の間をほぐしていきましょう。

まずは、背中を使うトレーニングをどうぞ。


上級者は背中も存分に使って、背中で唄うような表現をしています。