自分に当てはめてみるということ<上達への道>

他の人への注意事項を自分にも当てはめてみるということ<上達への道>


お稽古の場において、講師が他の生徒さんたちに言っているアドバイスや注意も他人事と知らんぷりするのではなく、

自身にも置き換えて受け止めてみましょう。


他人へのアドバイスだとしても参考になることは山ほどありますし、

本当は自分にも該当していることかもしれません。


そこに意外と気づき・発見が生まれることは多いです。


ときには耳が痛い意見や耳に心地いい意見、それぞれあるでしょう。

けれども、それらの意見はこれからの財産になると思います。



上達したいならば貴重なご意見を受け止める力をつけていくことが大事です。