角度で勝負!

角度で勝負してみる。


メリハリが効いた動きは、観る人に刺激を与えます。


そして刺激を受けた人の心が揺れて、

『美しい/綺麗/かっこいい/麗しい/憧れ/優雅・・・』

となります。


もちろん真逆になることもあります。



動きや向きが残念だと美しくありません。

当たり前のことですが、当事者にとっては最も見逃しやすいところです。


舞踊に限った話ではなく、

日常生活のなかで、姿勢や動きにメリハリが効いていると優雅に美しくみえます。


そして美しいということはそこに希望がつながっていきます。

美は希望なんですね。


男女ともに美しい“はからい”をしていたいですよね。



このメリハリですが、

身体の各関節から生み出される『角度』によって決定されるのです。

指、手のひら、腕、肩、背中、腰、脚、膝、足首、足の指・・・

これらは身体の一部分でありますが、

「それぞれの関節をどう動かすのか?」意識するだけで、動きが変わります。

その角度によって全体的な印象や雰囲気が変わるのです。


『そう言われてみれば…』

納得ですよね。


お稽古の場でも講師の身体のパーツの向きと強さをじっくりと観察できる人は

必ず上達します。


さらにつけたすと、

<観てない人、観察してない、観察できない人>は上達しにくいのです。


観察も感性なのです。 

角度と観察。あなどれませんね。





0回の閲覧