記憶力をよくしたいなら

~記憶力をよくしたいなら~


何かを長く記憶したいとき、まずは「覚えよう」という強い意識と

ワクワクした気持ちを持つことが大切です。



人は楽しいと感じている状態や、

しあわせを感じている状態のときには、

脳内でドーパミンという物質が分泌されています。

このドーパミンが、記憶力のアップにつながるのです。


何にでも積極的に取り組み、興味をもってワクワクして

ご機嫌な気分で取り組むと、

そのときの楽しい場面が印象に強く残り、長く脳に保存されるということです。

嫌々やるのではなく、面白がって取り組むことが大事!



記憶力は努力次第でいくらでも身につけることができます。




面白がる・・・楽しむ・・・これからの時代には必須なスキルですね。

3回の閲覧