top of page

足底から動きが始まる。


ヒラソル銀座ダンススクール ~アメブロ記事より抜粋

両脚で真っすぐ立っているつもりが、膝が左右に開いてしまうことはないですか?

これはしっかりとインサイドを(内転筋群)を使えていない証拠

ダンスレッスンでは脚のインサイドを使って踊るように言われます。

ですが、実際にはこれがなかなか難しいものです。

しっかりとインサイドの筋肉群を上手に使えていない人もよくお見掛けします。

「そもそもインサイドって何なのか?」

疑問だらけの人もいらっしゃることでしょう。

いきなりインサイドのことを考えるのではなく、土台から入っていった方が身体が納得すると思われます。


●足の土台からインサイドを感じる

インサイドに体重をのせ、足底がしっかりと作用しているとき、フロアに足が吸い着くように立って踊っていると思います。

実感できる人も多いことでしょう。

それには、自分のセンターである「体軸」を足のインサイドにしっかりと乗せることが重要なのです。

足底がしっかり地面にフィットできるとそれだけで身体のバランスは大きく向上します。

フロア(床)の状態を足で把握できるように工夫してみてください。

そこから始まります。




まず、自分の足の裏の状況を把握するのが大事です。

土台に気を配ることができるようになったら、今度はインサイド側の意識も必ず持てるようになります。


それまでは足底とフロアの関係を濃厚にしてください。


一番先に足底です。




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page