足裏には体重の3倍以上の負荷がかかります。

足裏には体重の3倍以上の負荷がかかります。



足裏が不安定ば状態での歩行は、関節の変形や老化を招いてしまいます。

首にも相当な負担をかけることにもなるので、自律神経も不安定になってしまうのです。

よりまして、

ドタンバタン音をさせて歩いたり動いたりしている人は

足裏の免震機能の働きを生かせていないので、

動き方を修正することが必要です。

同時に、足裏のバランスも整えていくことを強くお勧めいたします。


足裏を正しく機能することができると、

地面からの震動(過剰な衝撃波とねじれ波)を吸収し、

免震機能の働きによって余分なダメージを受け取らずにすむのです。



もしかして、

『足裏の素晴らしい機能を使えていないかも…。』というおぼえのある人は、

足指で物を掴んだり(まずはタオルのようなものから)、

じゃんけんをするようにグーパー・グーパー繰り返す

足指のエクササイズを試してください。


足裏と足の指を調整することにより、

特に、首への負担を防ぐことで自律神経を安定させ、

ホルモンバランスを調和させます。


足裏の状態が最適な状態になると、ホルモンバランスが安定し、各臓器への命令がスムーズに伝わり、

身体が活性化されてくるのです。

これ大事なポイントです。