身体が最高の状態なら…

ウクライナ出身の物理学者、モーシュ・フェルデンクライスは、

『身体が最高の状態なら、脳も効率的に働く、

身体をうまく使えば、脳もうまく働く。』

と主張しています。


物理学者のフェルデンクライスは、

身体を動かすことでセルフイメージ、精神状態、脳の機能が変化することを

発見しています。


そして、

『生活の質』は『動きの質』に左右されるとも主張しています。

日常、何気なく動いていることが、

そのまま、生活のスタイルになっていくのですね。


すなわち、

『身体が最高の状態なら、脳も効率的に働く。』

ということなんです。


となれば、身体を最高の状態にしていきたいですよね。


※モーシュ・フェルデンクライス

自己認識を基幹とした身体コントロール法、フェルデンクライスメソッドの創始者。

柔道や柔術の心得がある。