身体には「線」がある。

皆さまは日常動作の動きを意識したりしていますか?

たぶん、日常の動きなんて無意識なことが多いですよね。


しかし、身体芸術を志す身としては

動きを意識することから改めていきたいです。


まず、自分の身体には線があると意識してください。

そして、『目に見えない線』があると思ってください。

『線』というのは実は様々な感情をのせやすいのです。

それが皆さまのイメージを決定します。


~例えば~

丸い円=穏やか、たおやか、平和、愛らしさ。

正三角形=安定感、規則正しさ、正確さ。

曲線にはやさしさ、直線には鋭さを感じやすいですよね。


満月のお月様が心を和ませるのもそういった丸い円の効果なのです。



この線のイメージを意識的にしていけば、

見える印象や雰囲気を自由自在に演出することが可能になってきます。


舞台人に留まらず、

これはビジネスマンにとっても自分のイメージというのは大事なお話ですね。