転倒してしまいそう!・・・そんなときの受け身の方法

転ばぬ先の杖ならず、転んだ時の受け身の技術!

身につけておきませんか。



転倒してしまいそう!

・・・そんなときのとっさの受け身の方法


1、可能であれば、前や後ろに直接転倒しないように回転し、

 身体の側面から転倒するようにする。


2、顎を引いて頭を守る。


3、転倒する時に手をつかない

  手首が折れたり、手をついても頭を打つ可能性もある。


4、転倒した時のクッションにしたり、股関節を守ったりするために、

 腕は身体の側面に置くようにする。

 または転倒時の軌道によっては、上腕で頭を守るために両腕を上げる


5、膝を曲げ、転倒する事実に抵抗しない。

  そのために力を少し抜いておく。


6、太もも、お尻、肩から地面につくようにする

  膝頭は壊れやすいので、膝から転倒しないようにする。