スポーツオノマトペ


スポーツをしている時に声をあげて発せられる擬音語などのことをスポーツオノマトペといわれます。

例えば、リフティングの選手が「グゥー」「ガー」などと言いながら重いものを持ち上げるときや、

球技系の選手が「オリャー!」と声をあげて競技するときの声などです。



このオノマトペはフランス語が語源だそう。

例えば、重いものを持ち上げるときに「ンガーッ!」と声を発したとします。

このときには「ン」と力をためて「ガアーッ!」と放出しています。

撥音「ン」と濁音「ガ」の組み合わせで、最後が「ア」の長母音で構成されています。


音についてさらに詳しくお話すると、

母音の「ア」「オ」は エネルギーが外側に向かい、

「イ」「ウ」 は内側に向かうイメージ。

「サ」「ス」などの静音はスピードを、

「グ」「ガ」などの濁音はパワーを、

「ポン」「パン」など破裂音は弾む感じを生み出します。

さらに、「ン」は特殊拍の撥音です。

特殊拍の撥音「ン」は、パワーをためます。

伸ばす「長音」は動作の持続時間を表し、

促音の小さい「ツ」は動きにメリハリをつけます。

このように言葉の音にはそれぞれ違った作用があるわけです。

言葉の音ひとつで大きく影響し、パフォーマンスが変わるというわけです。

このスポーツオノマトペには、身体や運動機能の促進・制御に働きかけるといった作用もあるようです。

これ、舞踊にも生かせますよね。


参考程度にスポーツオノマトペを効果的に使うと以下が効果的に獲得できます。

①パワー、スピード

②リズム、タイミング

③リラックス

④モチベーション

⑤理想的なパフォーマンスの実現

人間が発する音を効果的に使おう!