筋トレをすると眠くなることがありますよね。

筋トレをすると眠くなることがありますよね?

ご安心ください。

それは身体が正常に働いている証拠です。


筋トレの後、眠気がくるのは、肉体メカニズムに組み込まれている生理現象であり、

筋トレの効果をアップさせるためにも重要な役割なのです。

筋トレ後、眠くなる三大要因

①運動による体の疲労

筋肉に負荷をかけて筋繊維に傷をつけるので、当然のように負担がかかっています。

そもそも、身体を動かしているので場合によっては疲労を感じます。

身体が疲れを感じると、その修復のために本能的に眠たくなります。

これは本能なのです。それでいいのです。

実際睡眠時に良く分泌される【成長ホルモン】には筋肉の修復・増加作用があります。

身体がそれらの作用を求めて眠たくなるのです。

②血糖値が下がってしまうため

昼食後に眠気に襲われたことがありますよね。

これには様々な原因があるのですが、

その一つが食事により急上昇した血糖値が、インスリンの働きで急降下しまうことによるものです。

筋トレではグリコーゲンという貯蔵形態を燃料にしています。

※グリコーゲンは動物の体内でエネルギーを一時的に保存しておくための物質。

そのため、筋トレを行うと、糖分が減少し血糖値が下がってしまうのです。

ですが、糖は脳の栄養分でもあります。

脳が栄養不足で疲労を感じると、その回復のため眠気が起こります。

その結果、筋トレをすると眠くなるということです。

脳を回復させるために必要な眠気なのですね。

③体温が(一時的に)低下するから

人は体温が下がるときに眠気が起こります。

トレーニングによって体温が上昇し、トレーニング終了後に一時的に体温が下がるので、

この体温の高低差によって眠気が起こるのです。



よりよい身体機能にバージョンアップするために眠気が出てくるというわけですね。

4,415回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示